転職での面接で聞かれる項目と回答のポイント

こんにちは。ジョブホです。本日は転職するにあたって面接で聞かれる項目として多い内容とその回答のポイントについて紹介していきます。

前職での退職理由

必ずといって聞かれる内容が前職での退職理由です。

個々によって様々な理由がありますが、重要なのは前向きな理由の方が良いということです。もちろん、環境がブラックだったなどのネガティブな理由が原因の場合もあるかと思いますが極力ポジティブな言い方をするよう心がけましょう。

前職の退職理由と、受験する会社の志望理由に論理性があれば、説得力が増すので、後ろ向きな理由の場合は対策した方が良いでしょう。

特に在職期間が短く、転職回数が多い場合はネガティブな発言をすると「入社してもすぐに転職するのではないか」や「入社しても同じように不平不満を言うのではないか」といった印象を与えてしまう可能性があるため注意しましょう。

前職での業務内容や実績

こちらも転職の際に必ず聞かれる項目になりますので抑えておきましょう。
特に他業種からの転職であれば、面接官がすぐに理解できるように分かりやすく解答しましょう。

業務内容に関しては自分が大したことないと思っていた業務が意外と評価されることもあるので、選考前にある程度整理しておくことが大事です。

同業種であれば、前職でやっていた業務を、新たに入社する企業でも問題なくできるとアピールできれば評価は高くなります。

また、特にキャリアアップや年収アップを求めて転職する場合は前職での実績が重要です。こちらも、選考前に整理し、具体的な数値などで分かりやすく成果として話せる方が良いでしょう。

中途の社員には即戦力として働いてもらうことを期待しているため、今までの経験から自分がどういう事ができるかということをアピールできるように準備しておきましょう。

未経験の職種にチャレンジする場合は、アピールできるものがあればアピールするだけでなく、未経験の分野をどう克服していくかなど気持ちの部分なども伝える事が必要です。

志望動機

こちらも転職の際に必ず聞かれる項目になりますので抑えておきましょう。

中途の転職の場合、職場を見学した上で面接する場合が多いため率直に見学をした際の印象などを伝えれば良いでしょう。

給料が高いからという理由でも良いですが、それだけだと印象が良くない可能性があるため、将来独立を考えているため給料が高い所を探しているや、子供が〇人いるため給料が高い所を探しているなど、その理由も併せて伝えましょう。

志望動機に関しては熱意を伝える上で非常に重要なポイントになるため、事前にしっかりと準備した上で面接に臨む事が必要です。前述していますが、志望動機に関しては前職の退職理由もふまえた上で話す事で論理性が増します。

希望条件

エージェントなどをとおす場合は、事前に希望を伝えられている可能性が高いですが、自分で応募する場合は希望条件を明確にしておきましょう。

希望が不明確であれば、内定が出ても自分の希望と違う場合があります。また、年収など相場とあまりにも乖離した希望であればどれだけ面接の中身が良くても落ちる可能性があります。

希望が不明確であれば、採用する企業にとって都合の良い条件が提示される可能性があります。

転職をする際にはなぜ転職するのかや、希望の条件を明確にしなければ転職後に不満が発生しますので、考えた上で受験しましょう。

コミュニケーション能力

最後に、こちらは質問という形ではないですが見られるポイントとして非常に重要なのがコミュニケーション能力です。

患者さんと接する勤務先では、患者さんコミュニケーションを取って業務をする必要があります。経験も重要ですが、患者さんに受け入れられるような能力があるかどうかの方が重要であるため、面接では様々な質問をしながらそういったポイントもチェックされています。

話しをする時の態度、口調または話しを聞く姿勢、相づちなども含めてコミュニケーション能力を見られていますので気をつけましょう。

最後に

人気の求人ほど倍率が高くなるため、事前にしっかりと対策や練習をした上で受験した方が良いです。
また、良い求人は自分以外にも様々な候補者が絶えず応募している可能性があります。

だらだらと準備していると希望の求人が埋まる可能性があるため、転職を決意したら自身で動くだけでなく、ハローワークや転職エージェントなどをうまく利用し効率的に進めましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

内資系製薬会社にてMRとして勤務。新薬(高リン血症治療薬)半期売上TOP10や6期連続計画達成などの成績を残した後、ITベンチャー企業にて弁護士向けWEBマーケティング支援を行う。 WEBサービス売上クオーター全社NO1の成績を残し、その後医療系の人材紹介会社にて薬学生の就職支援や薬剤師の転職支援を行う。100名以上の若手薬剤師の就職、転職相談にのり、薬学生の就職イベント、神戸・大阪・愛知にて過去最高動員などの実績を残した後2020年にジョブホ株式会社設立。 【誠実さと熱意】が売りです。無理矢理、強引に転職を勧めたりしませんのでご安心下さい。相談者に親身になって対応させて頂きます。