ドラッグストアの業務内容ややりがい。メリット・デメリット

こんにちはジョブホ(株)です。本日はドラッグストアで働く薬剤師の業務内容ややりがいについてご紹介していきます。成長している業界で給与が高く若手薬剤師の人気も非常に高まっています。

求人の興味があれば是非弊社にご相談ください。

業務内容

ドラッグストアといっても併設されている薬局内での勤務になる場合は大きく業務が変わる訳ではありません。調剤薬局と同様に調剤業務、監査、服薬指導、薬歴管理などの業務が中心になります。

ただ、会社によってはレジ打ち、品出し、OTCの販売対応などがプラスであります。採用の段階で名称が調剤専門職という形で採用している会社もあります。

補足 求人によってはOTCの販売などをメインに薬剤師を採用するケースもあります。ドラッグストアを受験する際は業務内容を確認しましょう。

ドラッグストアでは多くの市販薬を販売しており市販薬には、要指導医薬品と一般用医薬品があります。セルフメディケーションの促進やインバウンドの影響により業界が成長しており、薬剤師の役割が高まっております。

やりがい

それでは、ドラッグストアで働く薬剤師のやりがいや勤務の理由について見ていきましょう。ドラッグストアでのOTCの販売における薬剤師の業務のやりがいとしては、患者に様々な提案ができるという点があります。

調剤薬局は、患者が処方箋を持って来るため、その処方箋をもとに調剤することになりますがOTCに関しては処方箋がないため薬剤師が患者から症状や悩みなどを聞いた上で薬の提案ができます。

自分が関わった業務で患者さんの健康に貢献できるため、ドラッグストアで働きたい薬剤師はこういったやりがいの部分に惹かれて勤務するケースが多いです。

スイッチOTCなど医療用医薬品から一般に購入できるようになった薬剤なども増えているため、ドラッグストアにおいての薬剤師の役割は増えています。

また、処方元が多岐に渡り、品目数の多いドラッグストアの場合では医療用医薬品に関する知識もつけながら、プラスアルファでOTCの力もつける事ができます。

新たな分野に携わる事で刺激にもなりますし、勉強の意欲が湧き、キャリアアップにも繋がるため、調剤薬局や病院からドラッグストアに転職して活躍されている方もいらっしゃいます。

メリット 給料が高い

ドラッグストアは一年目から500万円以上でる企業もあるほど給料が高い業界です。稼ぎたい薬剤師にとっては非常に魅力的でしょう。奨学金を借りている薬剤師であれば早期に返済も可能です。

企業によっては、併設店内で薬剤師が必要な業務だけができたり、営業時間が調剤薬局と同様に平日18時まで、日祝は休みなどの所もあるため、人気が高まっている業界です。

また、ドラッグストア業界の売上も上がっており、成長しているため給与などの条件も良くなっています。大手では福利厚生が非常に充実しているため、給与以外の面で社宅の提供や、研修や教育制度や娯楽施設の利用などもメリットがあります。

調剤薬局で働く場合と業務内容が同じで、給与や福利厚生はより充実してる会社もあるため、新卒などの薬剤師には年々人気が高まっています。

デメリット

勤務時間が比較的不規則

企業においても異なるため一概には言えませんが、ドラッグストアで働く薬剤師は、勤務時間や勤務日が不規則になる事が多いです。

平日が夜遅くまでの勤務になる場合や、土日祝などが勤務になる可能性もあります。給与が高いですが、その分時間や休みなどが負担がある場合があります。

ただ、先ほど述べたように、近年は大手中心に併設の薬局の開局時間は平日は18時頃までや、日祝は閉局している所もあります。会社によって働き方や休日数が違い、また勤務する店舗によっても異なるため、エージェントや、友人などに聞き情報収集しましょう。

店舗の異動や応援が頻繁にある

こちらは大手の調剤薬局でもあり得ますが、併設率の高いドラッグストアでは特に店舗展開のスピードが早いため店舗の異動があることもしばしばです。

店舗の異動や応援などを苦にせずプラスに捉えられれば良いですが、慣れたやり方から新しいやり方を覚える必要があるため、多少負担は増えます。

間違った薬を処方すると人の命に関わるため、慣れていない職場で頻繁に業務を行うということは思ったよりストレスになります。

家から近い職場から遠い職場になることや、営業時間が夜遅い店舗に異動になるケースもあり、異動のタイミングで転職されるケースが非常に多いです。

まとめ

本日はドラッグストアで薬剤師が働くメリットやデメリットまた、業務内容についてご紹介いたしました。

業界として成長しており、給料の高さやOTCを学びたい薬剤師も多いことから人気が高まっている業種でもあります。

もし求人をお探しの方や転職をご希望の方は是非弊社に一度ご相談ください。

ABOUTこの記事をかいた人

内資系製薬会社にてMRとして勤務。新薬(高リン血症治療薬)半期売上TOP10や6期連続計画達成などの成績を残した後、ITベンチャー企業にて弁護士向けWEBマーケティング支援を行う。 WEBサービス売上クオーター全社NO1の成績を残し、その後医療系の人材紹介会社にて薬学生の就職支援や薬剤師の転職支援を行う。100名以上の若手薬剤師の就職、転職相談にのり、薬学生の就職イベント、神戸・大阪・愛知にて過去最高動員などの実績を残した後2020年にジョブホ株式会社設立。 【誠実さと熱意】が売りです。無理矢理、強引に転職を勧めたりしませんのでご安心下さい。相談者に親身になって対応させて頂きます。